ハーブの種類や育て方などの知識が満載!【HowToハーブ】
メディカルハーブ

ハーブの検定試験がある?

世の中はさまざまな検定や資格で溢れていますが、ハーブの資格もあることを知っていますか? ハーブの検定試験に合格すると、ハーブのスペシャリストであることの証を得ることができ、さまざまな場で活躍することができるようになります。今ハーブファンたちの間で話題になっている、ハーブ検定とは一体どのようなものなのでしょうか。

メディカルハーブ検定について

医薬品に負けないくらいの、優れた薬効を持つハーブのことをメディカルハーブと言います。メディカルハーブは、つねに激しいストレスや、生活習慣病の危険にさらわれている現代の私たちにとって大変貴重な存在です。

そんなメディカルハーブの正しい知識や扱い方を、1人でも多くの人に広めるために登場した、メディカルハーブ検定についてお教えします。

メディカルハーブとは何か?

主にハーブティーや料理の香辛料として使用されているハーブは、「あくまでも個人の趣味として楽しむ程度のもの」というイメージがあります。

しかしハーブの利用価値や、ハーブから得られるメリットは決してそれだけではありません。種類によっては優れた効能や効果をもち、薬草として私たちの生活に大いに役立ってくれるものもあります。

健康の増進をはじめ病気の予防・治療に有用で、心の不調をも解消してくれるハーブ、それがメディカルハーブです。

他の医薬品との併用には注意

メディカルハーブは薬ではありませんが、私たちに本来備わっている免疫力や治癒力を高めてくれる素晴らしい力を持っています。しかしいくら健康になれるからといって、やみくもに使用すればよいというものではありません。

ハーブは種類によって効能や効果が全く異なるほか、特定の医薬品と併用した場合、お互いの効力が変わってしまうことが確認されているからです。

病気の治療どころか反対に健康を害してしまわないように、メディカルハーブは選び方や扱い方などの正しい知識を得る必要があるのです。

検定があるのを知っていますか?

メディカルハーブ検定、というものがあるのを知っていますか? メディカルハーブ検定とは、健康増進や病気の治療などに有用なメディカルハーブの普及や、正しい情報提供を目的に誕生した非営利団体「日本メディカルハーブ協会(JAMHA)」が考案・認定する検定のことです。

この検定は「ハーブについての専門的な知識やスキルを持つ者であることの証」です。検定資格を得るためには、日本メディカルハーブ協会に入会し、協会の認定する学校で授業を受け、年に1度の割合で行われる試験に合格する必要があります。

検定試験に合格すると……

メディカルハーブ検定に合格したのち、所定の研修会に参加・終了すると、メディカルハーブコーディネーターと呼ばれる資格に認定されます。

メディカルハーブコーディネーターになると、自身の健康増進や美容増進に役立ち、アロマショップやエステサロンなどさまざまな場で活躍することができるようになります。

どうすれば受かる?

メディカルハーブ検定試験は、ハーブの基本的な知識を問われるものです。そんなに難易度の高いものではなく、日本メディカルハーブ協会の認定校で学んだ人であれば誰でも受験することができ、合格の可能性があります。

もし認定校が自分の住んでいる地域に無くても、通信講座などで学ぶことができるので、興味のある人はネットなどで申し込みの方法を探してみるとよいでしょう。

気になる合格率は、試験が行われた年によって違いますが、受験者の70〜80%はクリアしていると言われています。過去問や問題集を繰り返し解き、しっかり勉強すれば決して狭き門ではないということです。

  • <ハーブの基礎知識>種類・効能・飲み方
  • <人気の高いハーブ BEST10>カモミール・ジャスミン・セージ・パセリなど
  • <毒を持ったハーブもある!>クリスマスローズ・ジギタリス・トリカブトなど
  • <ハーブコラム>検定試験・鬱治療など

掲示板

特集