ハーブの種類や育て方などの知識が満載!【HowToハーブ】
ジギタリス

"狐の手袋"ジギタリスについて

釣鐘のような花を初夏にたくさん咲かせるジギタリスは、絶対に口にしてはいけない毒草です。しかし強心剤になることでも有名であり、姿が美しいので私たちの目を楽しませてくれるという面も持っています。内側にある斑点が特徴的で、"狐の手袋"という変わった名前でも呼ばれているハーブ、ジギタリスについて紹介します。

中毒や育て方などの幅広い知識を教えます

フォックスグローブやキツネテブクロとも呼ばれているジギタリスは毒花です。

しかし心筋を強くしてくれる作用をもち、不整脈を治す薬になります。

なぜ花なのに"狐の手袋"などという奇妙な名前がついたのか、どんな成分が心臓に作用するのか、ジギタリス中毒やジギタリスの育て方など、ジギタリスに関する知識を幅広くお教えしましょう。

毒草ジギタリスは強心剤の材料でした

ジギタリスとは、真っすぐに伸びる長い茎に、釣鐘のように垂れた花をたくさんつける植物です。

ジギタリスにはフォックスグローブやキツネテブクロという呼び方もあり、由来は「狐の足音に悩んだ妖精がジギタリスを履かせた」「この花を発見したフックスというドイツ人の名前からとった」などさまざまな面白い説がありますが、どれが正しいのかはわかっていません。

この花は寒さには強いですが暑いのは苦手であり、花のなかでは珍しく日当たりのよい場所よりも日陰を好みます。見た目は綺麗ですが、全草に強い毒があるので絶対に口にしてはいけません。

しかし葉に含まれる成分は有毒でありながら、心筋の収縮力を強くする作用があるため、昔は貴重な強心剤の材料として使われていました。

斑点は虫を寄せ付けるためのもの

ジギタリスの花の色はピンクが代表的ですが、他にも白や薄い黄色、紫色などの種類があります。外側からみると美しいジギタリスですが、内側はちょっと不気味です。

中を覗くと白色で縁取られた赤紫色の斑点がたくさんあり、人によっては気持ち悪いと感じられるでしょう。

しかしこの斑点には虫を寄せ付ける効果があると言われており、蝶に花粉を運んでもらうためについているらしいのです。生きるための大切な知恵ですが、この独特な模様が毒草らしさを醸し出しているとも言えます。

不整脈などの心疾患に効果的ですが……

ジギタリスには、ジギトキシン・ジゴキシンという心臓を強くする働きのある配糖体が含まれています。そのためこれらは強心配糖体と呼ばれており、昔から心臓病の治療に欠かせない貴重な薬として使われてきました。

ジギトキシンとジゴキシンを主原料としたジギタリス薬は、不整脈をはじめとする心疾患の症状に優れた効果を発揮します。

ただしこの2つはもともと、毒性の強いシアンという物質の配糖体成分であるため、服用量やほかの薬との飲み合わせ方などに注意しなければいけません。ジギタリス薬は用法・用量を絶対に守らなければならない劇薬なのです。

もし誤って規定以上の量を飲んでしまったら、"ジギタリス中毒"という恐ろしい副作用が表れることがあります。

ジギタリス中毒とは?

ジギタリス薬を飲み過ぎて、さまざまな副作用が起きることをジギタリス中毒といいます。具体的には、吐き気、嘔吐、下痢、動悸、頭痛、視覚異常、だるさ、記憶障害、パニック、蕁麻疹といった症状が表れるのですが、人によっては激しい不整脈が起きることがあります。

また正しい量を服用していても、利尿薬を一緒に飲んだ場合は血液中のカリウムが減って中毒症状が出やすくなるので大変危険です。もしジギタリス薬以外の薬を飲む必要があるときは、必ず医師とよく相談しなければなりません。

育て方や栽培のポイントなどを伝授!

ジギタリスは毒草ですが、眺めて楽しむだけであれば危険はありません。花の数が多く、一株だけでもとても見栄えがするのでぜひ育ててみましょう。育て方や栽培のポイントなどは以下を参考にしてください。

なお、ジギタリスには二年性のものと多年性のものがありますが、花が咲く時期は5月〜6月ころです。

育て方

  • 1.発芽温度が高いので、種まきは5月〜6月に行いましょう。
  • 2.暑さに弱めなので、半日陰の涼しい場所に置いてあげます。
  • 3.土の表面が完全に乾いたのを目安に水を与えます。
  • 4.鉢植えで栽培すると、やがて根でいっぱいになりますので植え替えが必要です。

育て方

  • 1.発芽温度が高いので、種まきは5月〜6月に行いましょう。
  • 2.暑さに弱めなので、半日陰の涼しい場所に置いてあげます。
  • 3.土の表面が完全に乾いたのを目安に水を与えます。
  • 4.鉢植えで栽培すると、やがて根でいっぱいになりますので植え替えが必要です。

  • <ハーブの基礎知識>種類・効能・飲み方
  • <人気の高いハーブ BEST10>カモミール・ジャスミン・セージ・パセリなど
  • <毒を持ったハーブもある!>クリスマスローズ・ジギタリス・トリカブトなど
  • <ハーブコラム>検定試験・鬱治療など

掲示板

特集

関連リンク