ハーブの種類や育て方などの知識が満載!【HowToハーブ】
ハーブティー

女性に大人気のハーブティーについて

ハーブティーは特に女性に人気があります。最近ではCafeのメニューの中にも、よく登場するようになりました。色が綺麗なだけでなく、体調不良を改善してくれたり、沈んだ気持ちを持ち上げてくれたりなど、さまざまなメリットがあるからです。そんなハーブティーの作り方や、効能などを紹介しましょう。

作る手順、おすすめの組み合わせ、効果など

ハーブティーは誰にでも簡単に作れます。また、冷蔵庫に入れて保存しておけば、いつでも好きな時に飲むことができます。ハーブのもつ恵みを手軽に体に取り入れるには、ハーブティーがもっとも適していると言えるでしょう。ハーブティー作りに必要な道具や作る手順、おすすめのハーブの組み合わせ、各ハーブティーのもつ効果などをお教えします。

フレッシュハーブやドライハーブで作る!

ハーブティーとは、生のハーブ(フレッシュハーブ)や乾燥させたハーブ(ドライハーブ)を煮出しして作ったお茶のことです。

フレッシュハーブは摘みたてであるためドライハーブよりも香りや薬効に優れていますが、長期の保存をすることができません。そのため一般的にはドライハーブの方がよく利用されています。

ハーブティーを飲用する主な目的は美容や健康増進のためですが、香りや色を楽しむほかにも、薬としての効果を期待して飲む人もいます。

ハーブの専門店などで手に入ります

ハーブティーを作るには、原料となるフレッシュハーブやドライハーブを準備しなければなりません。ハーブを手に入れるには、家庭で栽培しているものを採取するほか、ハーブの専門店で購入するなどの方法があります。

ハーブ店ではティーバックになったものや、すでにブレンドされたものなどが売っており、効能なども表記されているのでとても便利です。材料から自分で作るのも楽しいものですが、安全性や手軽さを考えると、やはり市販のものが一番です。

美味しいハーブティーの作り方

ハーブの用意ができたら、ティーポットとティーカップも準備しましょう。ポットの形は、茶葉が上下に動きやすい(ジャンピングといいます)丸型のものがおすすめです。また色の濃さがわかるガラス製のものを選ぶと、より美味しく作ることができます。

ハーブティーの作り方(手順)

  • 1.ティーポットとティーカップに熱湯をかけて温めます
  • 2.ティーポットの中に人数分のハーブを入れます。

※目安はカップ1杯分に対してティースプーン一杯分です(150cc〜180ccに対して3g)。

※実や種の場合、スプーンの背などで軽くつぶしておくとエキスが出やすくなります。

  • 3.お湯を沸かします。
  • 4.沸騰したら火を止めて、2〜3分そのままにします。
  • 5.ティーポットにゆっくりとお湯を注ぎます。
  • 6.香りが外に逃げないように素早くフタを閉め、3〜5分ほど蒸らします。

※花や葉のハーブやブレンドハーブは3分、実や根のハーブは5分

  • 7.ティーポットを水平に軽く回して、お茶の濃度を均一にします。
  • 8.苦味や渋みが出てしまう前に、手早くカップへ注ぎます。

おすすめのブレンドや効能について

ハーブティーは紅茶や緑茶などと比べると味が独特です。特に一種類のハーブで作ったものは、クセが強い傾向にあるようです。

そんな時は他の種類のものと組み合わせると飲みやすくなる場合があるので、ぜひ試してみてください。下記では各種ハーブティーの効果や、おすすめのブレンドなどをお教えします。

ハーブティー名 効果
ローズヒップティー ビタミンCを大量に摂取できるので、煙草を吸う人や肌を綺麗にしたい人におすすめ。疲れが取れる効果もあり。
ハイビスカスティー 妊娠中の栄養補給に
ペパーミントティー 二日酔い、船酔い、車酔いの症状が和らぎます。
タイムティー インフルエンザの予防や炎症に効果的。
フェンネルティー 胃のもたれに効果的。食べ過ぎた時におすすめです。
カモミールティー 不眠症などの神経症に効きます。
おすすめのブレンド 効果
ラベンダー+ジャーマンカモミール、叉はセイヨウオトギリソウ+カモミール 安眠できる
レモンバーム、ペパーミント、レモングラス、ハイビスカス、ローズヒップ、ワイルドストロベリー 胃がスッキリする
ハイビスカス、ローズヒップ、オレンジピール、ペパーミント 肌が美しくなる
フェンネル、ローズヒップ、オレンジピール、レモングラス 食欲抑制、脂肪燃焼
ローズヒップ、セイヨウオトギリソウ、ローズマリー、ステビア 元気がでる
(夏バテにおすすめ)
タイム、ペパーミント、ウスベニアオイ、ラベンダー 咳止めや、のどの痛み緩和

  • <ハーブの基礎知識>種類・効能・飲み方
  • <人気の高いハーブ BEST10>カモミール・ジャスミン・セージ・パセリなど
  • <毒を持ったハーブもある!>クリスマスローズ・ジギタリス・トリカブトなど
  • <ハーブコラム>検定試験・鬱治療など

掲示板

特集